当院で施行可能な新型コロナウィルスの検査に関しまして

当院で施行可能な新型コロナウィルスの検査は、以下の2種類です。

簡易抗原検査:(吉田 司医師診察時間のみ)

当院の院内で施行することが可能で、インフルエンザ検査と同様に、鼻の奥の粘液を取って検査します。

長所としては、20-30分程度で結果が出ます。また、インフルエンザの検査と同時に施行することも可能です。

短所としては、発症2日目(症状があった翌日)~11日目でなければ検査ができません。また、実際には新型コロナウィルスに感染していても陰性に出る場合がありうること、逆に新型コロナウィルスに感染していなくても陽性に出る場合も時にあるとされています。

この検査を希望される方は、少なくとも発症24時間以上は待ってからの受診をお願いします。

 

PCR検査:

唾液を用いた検査で、江南保健所に依頼して施行することとなります。当院で唾液容器をお渡しし、当院より江南保健所に連絡します。その後は保健所の指示のもと、江南保健所に検査に行っていただきます。

長所としては、現在行える検査の中では最も信頼度の高い検査です。(ただし、残念ながら100%の検査ではありません) なお、無症状であっても検出可能な場合もありますが、当院では無症状患者様に対するPCR検査は行っておりません。

短所としては、検査にやや時間がかかり、最短でも翌日の結果連絡となります(結果連絡は当院より行います。)なお、保健所ではインフルエンザの検査は同時には行えません。

江南保健所まで行くことが可能であれば、こちらの検査をお勧めいたします。

PAGE TOP